ネットスーパーってどういう仕組み?

>

食材キットなど便利商品

時代を超えて

リアルな店舗では、どんどん機械化が進み、セルフレジも増えてきて慣れるまで緊張の連続です。
子どもの姿を見ながら、買った商品を自分で詰めて重い荷物を持って自宅に運ぶのもかなり重労働で、負担になります。
仕事の時とは違い、自分の思い通りに買い物中に子どもがお利口にしているとも思えません。
子どもは大はしゃぎしたり、買ってほしいおやつの方に行きたがったり、ぐずったり。
ママも心で泣きながら買い物するぐらいなら、ネットスーパーになだれ込むのも当然です。
もっと前からインターネットでの買い物が一般的になっていたらと考える、働いているママの先輩も多いでしょう。
ある大学教授の講演でも、当時の子育て環境を「子どもを自転車の後ろに乗せてスーパーに走りました」と感慨深く熱弁されていて、時代は変わっても買い物が大変だった印象が強いことがわかります。

節約する考え方

買い物の時間を節約し、ポイントや特売や購入の仕方などで家計の節約をして、心にも物質的にもゆとりができます。
1週間分の大まかな食料品も、大きな冷蔵庫に保管できる範囲で購入可能です。
平日に数日分もしくは毎日買い物に行っていた頃より、余分な物を買わなくなるかもしれません。
鮮度の必要な料理は、週末や週明けにしたり、ネットスーパーから届けられる日に献立を合わせるなど、計画的な献立が功を上げます。
本当に忙しい週には、1週間まったく買い物に行かないことにしても何とか家事をこなしていけるかもしれません。
すべて家事のやり方次第なので、考え方を変えましょう。
そのおかげで、隙間時間を自分の時間にすることができます。
余裕がある生活形態を実践できれば、喜怒哀楽も抑えめに、集中したいことに集中できる生活になります。


この記事をシェアする